NEW
  • ショートコラム
2021.07.20

人気インスタグラマー『totooo.25』さんとレノブロック

インテリアのDIYでフォロワー3万人超えの人気インスタグラマー『totooo.25』さんにレノブロックを使って頂きました。
お子様も一緒にDIYして頂けるという事でとても嬉しかったです!
totooo.25さんは、レノブロックをどんなふうに使われたのか?
紹介させて頂きます。

今回totooo.25さんからリクエスト頂いたのは、レノブロックの長方形ブロックLとハニカムブロックの2種類でした。

まず、最初はレノブロックの長方形ブロックLを使い、キッチンカウンターの下の壁をイメチェンされるということで見ていきましょう。

驚いたのは、塗装をしないままでレノブロックを先にどんどん貼られていったこと。
このやり方は僕はやったことないですが、うまく塗装出来るのでしょうか?

貼り終わるとこんな感じに仕上がり「ペイントなしでも良い感じ。」と言って頂いたそうです。

次に塗装に移ります。
塗装にはハケとローラーを使い、白色に塗っていきます。
まず、最初にレノブロックの目地の部分(凹んだ所)ハケで塗っておき、そのあとローラーを使って思いっきり全面を塗られました。
(ローラー塗装、気持ちよさそう!僕もいつかやってみたい・・・)

塗装終了!
「先にレノブロック貼って、うまく塗装できるのかな?」と気になりましたが、いらん心配でしたね。
レノブロックの表面の形状も生かされながら、綺麗な白色に仕上がっています!
お子さんも普段からDIYをお手伝いされているのか、すばらしい腕前です。
後から塗装するという新しい使い方を見させて頂きました。

次はハニカムブロックを使ってフォトボードを作られました。
どうやって作られるのか?
見ていきましょう!

使われる材料はこんな感じですが、ベニヤ板をハニカム型にカットした物がありますね。
こんな形の物もDIYで作れるの!?と驚きました。

レノブロックの塗装は、ステンシルシートや、マスキングテープを組み合わせて仕上げられました。
このへんのアイテムの組み合わせ方とかが、おしゃれだな~と感じました。

塗料が乾いたらハニカム型にカットしたベニヤにレノブロックを貼り付けて完成です。

レノブロックに画びょうがサクッと刺さる事を利用したアイディア作品ですね!
ちょっとした掲示板として使うのにも良さそうです。

totooo.25さんにレノブロックを使って頂いて、必ずしも塗装は最初にしなくてもOKなど、作業手順も「自由で良い」という事を教わり、あらためてDIYをされている人気インスタグラマーさんの発想力と技術力を知ることが出来ました!

totooo.25さん!

ありがとうございました!

今回のDIYの事をもっと詳しく知りたい!totooo.25さんの感想を聞きたい!と言う方は、『LIMIA』で『レノブロック』と検索するとご覧頂けます。

今回の記事で使用した製品

記事一覧へ