NEW 2021.08.28

レノブロックで色遊び(蛍光色スプレー)

レノブロックは色塗りから楽しむDIY商品で、タイルのように壁や家具などに貼り付け、より自分好みのデザインを作り上げる事が出来ます。
材料にヒノキとセメントを使用したハイブリット製品のためカラースプレーはもちろん、木材用のものなど幅広い塗料に対応します。
「じゃあ、どんな塗料を、どんなふうに塗ったら、どんな感じになるのだろう?」
いろいろ遊びながら見ていきたいと思います!

今回はこれ!

今回は、(株)アサヒペンの蛍光塗料スプレーのレモン色を使ってみます。
普通のカラースプレーより、あざやかな蛍光色になるようなので、レノブロックに吹いたときにどれだけ違いがでるのか?実際に吹いて見比べてみたいと思います。

使った材料

・レノブロック(ハニカム)
・ラッカースプレー
・手袋

実演

カラースプレーの塗装は毎回あっと言う間に終わります。
やっぱりスプレーは早くて、レノブロックの繊維の奥まで簡単に色がつくので最高です。
屋外作業場があるようでしたら、絶対吹き付け塗装がお勧めですね。

特ににおいがきついとかは気になりませんでした。(外作業だったからかな?)
さっと全体に一度吹いてみると、けっこうしっかり色がついてくれたので、メーカー推奨は2回吹きですが、僕は気に入ったので1吹きでストップしました。

完成がこちら!
抜群に蛍光色になりました!
暗闇で光そうだったので試してみましたが、それは無理でした・・・。
遠目からでも、かなり目立つと思います。

通常の黄色をスプレーしたものと比べてみました。
やっぱり蛍光色の方がとても明るく、発光しているみたいに鮮やかになりました。
一回スプレーしただけで、ここまで色がのってくれたので、レノブロックとの相性は良いと思います。

(左)蛍光色スプレー (右)通常色スプレー

まとめ

・しっかり発光しているかのようにきれいな色になった
・1回吹きでも結構色がしっかりのってくれる
・乾けばそれほどにおいは気にならなかった

蛍光色がここまで目につく仕上がりになるとは思いませんでした。
普通より明るさや華やかさを高めたい時に使えば、ものすごいインパクトがプラスされる
と思います。
人とかぶりたくない!という気持ちが強い方にお勧めです。

(ご注意ください)
コラムの内容は、施工方法や完成品を保証するものではありません。
あくまで遊び感覚で、個人的な感想をまとめただけのものなので、軽い気持ちでご覧下さ
い。

レノブロック
レノブロックの性能を詳しく見る↓

レノブロックとは

 

今回の記事で使用した製品

記事一覧へ